子どもでも簡単にできるアイロンビーズ

スワロフスキーホットフィックスアイロンビーズ SS-6
40個入りパック 17色揃えています

アイロンビーズは元々、子供向けに発売されていため、非常に簡単で誰も作れます。ビーズをプレートの上に乗せてアイロンをかけ接着し固定させます。出来上がるまでの作業は簡単で短い為、すぐに完成品が見られます。
ストラップやアクセサリーなど飾りとして出来上がったものは結構楽しめます。作り方次第ではプラモデルのような模型にもなりますので大人がやっても楽しめます。

アイロンビーズの仕組み

並べたビーズの上からアイロンを当てることによって、ポリエチレンのビーズが溶け隣接しているビーズ同士が接着されます。ビーズは自分でストローを切っても良いし、袋詰めになっているビーズを買ってきて使っても良いでしょう。
袋詰めで売られているものは、色が豊富で、一般的な色以外にもラメ入りや透明のもの、暗闇で光るタイプなどがあります。プレートは基本的に、四角、丸、六角形の3種類になりますが、プレートの種類は豊富で、基本の3種類以外に星型、ハート型などデザインも豊富に揃っています。

子どもの知育にも良い

アイロンビーズは、子ども発育にとっても非常に良い玩具です。プレートごとに作り上げる作品を考えられる為、想像力が鍛えられます。子どもや初心者ならばまずはキャラクターものなど手軽に始められるものから始めると良いと思います。また値段も安い為、子供と遊ぶのにもちょっとした趣味にもぴったりです。そして、子供が作品を作る場合、アイロンなどの危険性を考え大人が必ず一緒に作るか見守ることが大切ですね。

アイロンビーズで遊ぶ

子供と楽しむにはキャラクターものから始めると良いでしょう。書店などでは、応用を利かせた立体的な作品の作り方を掲載している本も販売されています。
アイロンビーズは、大人でも時間を忘れてしまうほど熱中することができます。ネットでもアイロンビーズの作品集が出ていますので参考にしてみるとよいでしょう。

スポンサードリンク

コレがあると遊ぶ時に便利

秘密兵器!?ビーズが置けるペン。「わくわくビーズペン」
同じ色を連続して置いていく時に便利なのが「わくわくビーズペン」。ケースの中に入れたビーズを、ペンを振ることによってペン先まで落とし、手元のボタンを押して一粒ずつ出していきます。慣れるとホントに早く作業が終わるんですよ。